トールペイントが好きなkomaのブログです。 ネコたちに囲まれて、動物のオリジナル作品を日々制作中です。バラを育てています。
萬翠荘バラ展
2009年05月30日 (土) | 編集 |
今月の中旬愛媛のお友達に誘われて、松山市の萬翠荘(ばんすいそう)バラ展に初めて行って来ました。

↓大正時代に建てられた洋館は、愛媛県立美術館の別館

堂々とした美しい建物のお庭には、鉢植えのバラが置かれて
ローズ・ガーデンに。
洋館にバラ、相性バッチリです

DSCN1669.jpg

赤いじゅうたんの敷かれた建物内は、コンテストでアレンジされた美しいバラ達が数多く展示され

DSCN1659.jpg

↓屋外のバラ苗の販売ブースは大盛況
すごくたくさんの品種が一堂に並べられ
買うバラも、ついつい迷ってしまいそう。
種類の豊富さにびっくりです


DSCN1674.jpg

ルイ14世
本物と初めてご対面。(本でしか見た事無かったです)
濃厚な香りも素敵

DSCN1665.jpg

愛媛県美術館では19世紀初めにフランスで活躍した画家ルドゥーテの繊細なバラの銅版画展を鑑賞して来ました。

友人が育てているお庭のバラも見せて頂いて、まさにバラ尽くし、
お腹一杯の一日でした。

宮廷画家ルドゥーテとバラに魅せられた人々 薔薇空間

DSCN1675.jpg






スポンサーサイト
中庭のバラ ②
2009年05月29日 (金) | 編集 |
中庭のバラの続きです。
開花時期は少しずつズレていますが、庭のバラが次々と
咲いてくれました。

メアリー・ローズ
3姉妹のルドゥーテウィンチェスター・キャシードラルも仲良く育っています。
ラティスに絡ませるようにと、植えています
早く大きくなって♪

DSCN1347.jpg

エドガー・ドガ
とても良く咲いてくれました
花色が赤→ピンクに変化します
花びらは硬め

DSCN1588.jpg

モーツァルト
かわいい一重の花
葉がよく黄色くなりますが、なぜ?
我が家のバラの中では、古株です。

DSCN1765.jpg

オウギュスト・ルノアール
ルノワールの描いた、愛らしい少女の様なバラ
自称ルノワールファンです
蕾が少し開きにくいかな

DSCN1693.jpg

アーティストリー
大輪で花付きが良く、とても丈夫
強い子です

DSCN1438.jpg

スイート・ジュリエット
しっとりとした美しいバラ
半日陰に植えてます

DSCN1534.jpg

ウィリアム・モリス
カップの中の形が繊細で綺麗
とても雰囲気のある美バラです

DSCN1339.jpg




中庭のバラ ①
2009年05月28日 (木) | 編集 |
久々の更新です
退院した母は、リハビリの為通院中。
母はまだ車の運転が出来ないので、しばらく足代わりをしてます

5月に入り、中庭のバラが次々と咲き始めました。
寒肥が効いたのか、今年はピエールさまがきれいに咲いてくれました

ピエール ドゥ ロンサール
うつむいて咲く、ピンクのカップ咲き。
強風が吹いた翌日、花首がポキッと折れてました~

DSCN1699.jpg

↓こちらはブラン ピエール ドゥ ロンサール
ブランはで、清楚な印象です。
返り咲き。

DSCN1727.jpg

↓そしてチャイコフスキー
この子は四季咲き
丈夫で、育て易いですこの春もたくさん咲いてくれました。

DSCN1334.jpg

ピークは過ぎましたが、帽子をかぶりハサミを片手に
花がら&葉っぱ摘みをやってます