トールペイントが好きなkomaのブログです。 ネコたちに囲まれて、動物のオリジナル作品を日々制作中です。バラを育てています。
ブーリン家の姉妹
2008年12月11日 (木) | 編集 |
先月の末、「ブーリン家の姉妹」を映画の上映最終日に見て来ました。
イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)の寵愛を巡るブーリン家の美しい姉妹アン(ナタリー・ポートマン)と妹<姉という説も>メアリー(スカーレット・ヨハンソン)の愛憎劇。

「エリザベス:ゴールデン・エイジ」を見てからこの時代にとても興味があり、映像で見ると分かり易かったです。
嫉妬深く気位の高いアンと、純粋で天使の様なメアリー。
王の嫡子を産むため、ブーリン家の繁栄のために続けて王の側室となった2人でしたが、その後姉妹は対照的な人生を歩むのでした。

王妃と離婚をする為に、イギリス国教会を設立するヘンリー王。
アンは念願の王妃にまで上り詰め、後にエリザベス1世となる女児を産むのでした。
「エリザベス」でのローマ・カトリック教会との争いはここから始まったのですね。

↓映画のパンフレット

DSCN3813.jpg

嫉妬と復讐に燃えるアンの表情が、怖かったです。
6人娶った王妃のうち、2人までも処刑台送りにしてしまったヘンリー王。
ハンス・ホルバインの描いた肖像画が有名ですが、激しい~

DSCN1595.jpg

メアリー・ローズ
(1983年、イギリス、デビッド・オースチン作出)
ヘンリー8世旗艦名が付けられたバラ。
王の妹メアリーとチューダー朝のシンボル、バラの意味。
秋にはうまく咲かなかったので、5月の写真です。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック